トップ / 乳児湿疹治療でアトピー移行予防

アトピーへの移行予防

乳児湿疹治療でアトピー移行予防

乳児湿疹からアトピーへ移行する

乳児湿疹を治療する上で大切なことは保湿を十分に行うことだと言われています。乳児湿疹はそのまま放置しているとアトピー性皮膚炎へと移行する可能性があります。アトピーかもしれないと思ったら早めに医師に相談するようにしましょう。乳児湿疹をアトピーへと移行させないためには、早めの治療が要となります。

乳児湿疹の症状が思い場合、病院によってはステロイドを処方されることがあります。しかし、ステロイドを赤ちゃんに使っても大丈夫かと尋ねると、使用方法を間違わなければ問題ない、という回答が返ってくることがあります。つまり、少なからず赤ちゃんの肌には負担になる可能性があるということです。
また、ステロイドの副作用で免疫の低下が挙げられます。ただでさえ免疫力がまだ弱く、湿疹が出るほど免疫が弱っている赤ちゃんには、できるだけステロイドは使いたくないと思われる方もいらっしゃることでしょう。実際にステロイドを使わずに、保湿を上手に行うことで赤ちゃんの症状を和らげることに成功したお母さんたちはたくさんいらっしゃいます。

では、どのように保湿を行うと良いのでしょうか。
保湿に使うものとして、症状にもよりますがマッサージ用のオイルや赤ちゃんにも使えるという低刺激のローション、ベビーオイルなどを使用します。また、医師に保湿剤を処方してもらって、そのクリームを使用するという方法もあります。これらのものを使って、肌がしっとりするまでこまめに保湿するようにしましょう。肌が乾燥気味の場合は徹底的に保湿を行うようにします。

保湿に加えて、いつも肌を清潔に保って上げましょう。お風呂のときには低刺激の石鹸を良く泡立てて肌を洗ってあげます。そして、お風呂上りは一日の中でも一番肌が乾燥しやすいときですから、特に念入りな保湿を心がけることが重要です。