トップ / 乳児湿疹とアトピーの大きな違い

アトピーへの移行予防

乳児湿疹とアトピーの大きな違い

乳児湿疹とは乳児期の湿疹の総称

赤ちゃんに赤いポツポツとした湿疹が現れて、アトピーかもしれないと思い病院を受診すると「乳児湿疹」と診断された、という経験のある方は少なくありません。乳児湿疹とアトピーにはどのような違いがあるのでしょうか。

乳児湿疹とは、アトピーよりも幅が広く、乳児期に現れる湿疹すべてをまとめて乳児湿疹といいます。そのため、乳児湿疹にはさまざまな種類があり、赤いポツポツとした湿疹以外にも水ぶくれができたり、ジュクジュクと湿ったものやカサカサと乾燥したものができたりする場合もあります。

また新生児期には皮脂の分泌が盛んになるため脂漏性の湿疹が現れることもあります。このように乳児湿疹の種類がさまざまですので、その原因もさまざまです。多くの場合、乳児湿疹は生後1ヶ月から2ヶ月頃から出始め、1歳頃には収束します。乳児湿疹が圧場合は、肌を清潔に保つことや保湿を行うことを心がけましょう。

では、どのような場合にアトピーという診断が下されるのでしょうか。乳児湿疹が出始めて2ヶ月以上治療を行っても、皮膚炎が治まらない場合はアトピーと診断され、乳児期以外の場合は、6ヶ月以上湿疹が続いた場合にアトピー性皮膚炎と診断されます。また、乳児湿疹がある場合に、肌が乾燥しているとアトピーの可能性が高いと言えます。

アトピーの症状は保湿だけで治ることは難しいと言われていますが、乾燥しやすく乾燥に弱いという特徴があることから、症状を和らげるのは、保湿をしっかりとしてあげることがポイントなります。肌が乾燥するとアトピーによる痒みが強くなりますから、特にお風呂上りなどの乾燥しやすい場面では、肌がしっとりするまで十分に保湿するように心がけましょう。