トップ

アトピーへの移行予防

アトピーとはどんな病気なのか

アトピーとは皮膚炎症を伴う病気

赤ちゃんが痒がってなかなか寝付かない、赤ちゃんの特有のスベスベでモチモチのお肌に赤いポツポツや乾燥で切れている箇所があると、お母さんは心が本当に痛くなって、何とかしてあげたいと思うものです。
また、赤ちゃんにアトピーがあるのかなと思うと不安になる方も多いかもしれません。では、アトピーとはどんな病気なのでしょうか。

アトピーの改善情報ならこちら。

アトピーとは、皮膚の炎症を伴う病気で、良くなったり悪くなったりを繰り返すという特徴があります。そのため、長期的に上手に付き合っていく必要があります。赤ちゃんの湿疹は生後1ヶ月から2ヶ月ですでに見られるようになり、はじめは頭部や顔面に現れることが多いです。そして、頭部や顔面にできた湿疹がなかなか治らずに、赤ちゃんのアトピーへと移行していくことがあります。
アトピーは通常おでこや首などの関節の内側などに症状が出やすい病気ですが、赤ちゃんのアトピーは関節に加えて顔に症状が見られる場合もあります。

さらに、アトピーとアレルギーは混同されやすい疾患です。
しかし、実はこの二つは深い関係にあるものの、全く別々の疾患です。アトピーという言葉には、「変わった」とか「不思議な」という意味があります。その意味どおりアトピーは何か特定のものに対して反応を起こすアレルギーとは違い、普通であれば何でもないものに対しても敏感に反応して、色々な変わった症状を起こすという病気です。特定の原因物質があるのではなく、色々なものが症状の原因となりうるのです。

そのため、アトピーがあるとアレルギーの症状も出やすくなります。食物アレルギーがその代表的なものですが、アレルゲンとなる食品を完全に避けていることで、免疫力が付いてくる1歳から2歳を過ぎる頃には、アトピーの症状共々に症状が軽快もしくは改善されます。